メニュー

自律神経失調症

 

自律神経失調症とは

自律神経がストレスによって正常に機能しないため、起こるさまざまな症状の総称です。

ストレスなどが原因で、自律神経である"交感神経"と"副交感神経"のバランスが崩れて、様々な身体的な症状が出ることを言います。

めまい、耳鳴り、倦怠感、しびれ、喉のつまりなど、症状は多岐にわたります。

漢方薬やホルモン剤など、治療法はいくつかありますが、

ストレスのコントロールと生活習慣の改善(規則的な睡眠と食事)が最も大切です。

仕事のストレスから、自律神経失調症になる方も多く、

その場合には仕事の環境を変える、休職するなどの対応が必要になることもあります。

 

 

 

 

 

記載:おりたメンタルクリニック医師

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME