メニュー

診断書について

当院で発行する診断書は、以下のようなものがあります。

診断書は自分自身の状態を説明するために重要なものになります。

 

休職の診断書

現在の病状から、休職・自宅療養が必要な旨を記載いたします。休職の期間に関しては、通常は2-3ヶ月となります。

例)診断名:適応障害、抑うつ状態

本文:上記病名のため、本日当院初診した。抑うつ状態が著しく、令和◯年◯月◯日までの自宅療養を要する。以下余白

 

異動などの環境調整についての診断書

会社が対応可能であれば、配置転換や異動などを求める診断書を作成することもあります。

例)診断名:うつ病

本文:上記病名のため、現在当院通院中である。抑うつ状態が著しく、向後一定期間の治療を要する。症状の改善のため、部署異動などの環境調整を要する。その際は本人と話し合いの上決定することが望ましい。以下余白

 

復職の診断書

自宅療養後、復職可能な証明をするために記載いたします。

例)診断名:自律神経失調症

本文:上記病名のため、当院通院中である。自宅療養により症状改善し、令和◯年◯月◯日より復職可能と診断する。以下余白

 

その他

上記以外にも、様々な内容で診断書を作成することがあります。

保育園に関連した診断書

例)診断名:うつ病

本文:上記病名のため、現在当院通院中である。抑うつ状態が著しく、自宅での保育が困難であると診断する。そのため、子育てにおいて保育園利用などのサポートが、必要不可欠と考えられる。以下余白

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME